Home » Bizarre Face by Yutaka Maekawa
Bizarre Face Yutaka Maekawa

Bizarre Face

Yutaka Maekawa

Published
ISBN :
Kindle Edition
28 pages
Enter the sum

 About the Book 

近未来の東京。恐るべき奇病、ABVDS(アッブズ)が荒れ狂っていた!空気感染を恐れて、あらゆる公共の施設から、人々の姿が消えた。一部の大学は、アッブズの蔓延のため、閉鎖状態に追い込まれた。S大学では、病気の侵入を防ぐため、正門で厳しい検問態勢が敷かれていた。登校するすべての学生・教職員に対して、その初期症状、歪顔(ビザール・フェイス)が起こっていないかチェクするのだ。だが、その奇病は、意外な人間の姿となって、こっそりと忍び込んでくる。そして、戦慄(せんりつ)のラストシーンがーー。More近未来の東京。恐るべき奇病、ABVDS(アッブズ)が荒れ狂っていた!空気感染を恐れて、あらゆる公共の施設から、人々の姿が消えた。一部の大学は、アッブズの蔓延のため、閉鎖状態に追い込まれた。S大学では、病気の侵入を防ぐため、正門で厳しい検問態勢が敷かれていた。登校するすべての学生・教職員に対して、その初期症状、歪顔(ビザール・フェイス)が起こっていないかチェクするのだ。だが、その奇病は、意外な人間の姿となって、こっそりと忍び込んでくる。そして、戦慄(せんりつ)のラストシーンがーー。ブラックユーモアと奇妙にリアルな恐怖の交錯。エドガー・アラン・ポーの『赤死病の仮面』のパロディーとして書かれたSFホラー短編小説。前川裕(まえかわ ゆたか)1951年、東京都生まれ。一橋大学法学部卒業後、東京大学大学院(比較文学比較文化専門課程)修了。一九九四年、スタンフォード大学アジア言語学部客員教授。現在、法政大学国際文化学部教授。2012年、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、作家デビュー。受賞作『クリーピー』(光文社文庫)は、『このミステリーがすごい!2013年版』では「新人賞ベストテン(茶木則雄・選)