Home » Ubasute Nagaya no Haru by Goto Wataru
Ubasute Nagaya no Haru Goto Wataru

Ubasute Nagaya no Haru

Goto Wataru

Published
ISBN :
Kindle Edition
109 pages
Enter the sum

 About the Book 

実話に少しだけ脚色を加えて書かれた人情話です。舞台は東京の都市部にある、単身者用のアパート。主人公は三十代の男性ですが、他の部屋には一人暮らしのお年寄りや障害者の人たちが住んでいます。そして彼らは互いに、助けあって暮らしていました。そんなアパートが作中では、「姥捨て長屋」と呼ばれているのです。ある年の夏、このアパートの住人のうち竹本さんという初老の男性が失明してしまいました。このような場合、身寄りがない患者のために介護をする人が役所から派遣されてくる制度は当時もありました。More実話に少しだけ脚色を加えて書かれた人情話です。舞台は東京の都市部にある、単身者用のアパート。主人公は三十代の男性ですが、他の部屋には一人暮らしのお年寄りや障害者の人たちが住んでいます。そして彼らは互いに、助けあって暮らしていました。そんなアパートが作中では、「姥捨て長屋」と呼ばれているのです。ある年の夏、このアパートの住人のうち竹本さんという初老の男性が失明してしまいました。このような場合、身寄りがない患者のために介護をする人が役所から派遣されてくる制度は当時もありました。でも当時、その人は一日に三時間までしか介護をしないという決まりだったのです。なので、その三時間を除いた他の時間帯にはアパートの住人たちが手分けをして竹本さんのお世話をしたのです。主人公は勤め先に事情を話し、週に何回か定時で退社して竹本さんのお世話をしました。当時は勤め先の仕事が減っていたので、定時で退社しても業務に支障はなかったのです。ところが主人公の勤め先の社長は元々、毎日の残業を社員に強制するような人でした。残業を強制するのも、その残業に対して残業代を支払わないのも共に法律違反だとい